エステ脱毛 医療脱毛 シミ

エステ脱毛と医療脱毛、シミの出来やすさは変わる?

エステ脱毛と医療脱毛、シミの出来やすさは変わる?

どちらもシミができる確率は同じです。
医療脱毛とエステ脱毛の違いは、使う機器の出力です。医療脱毛は医療行為が許された医師のみができる方法ですから、レーザーの出力も自由に変えることができます。
しかし、エステ脱毛は医療資格のない脱毛士によって行われますので、出力が法律によって制限されています。
違いは痛みや効果の出方ですが、シミに関して言えばどちらも改善例が見られます。シミができてしまうのは、アフターケアでしっかり保湿していない、紫外線対策を怠っているためです。基本的にシミができるかどうかと言うのは、どちらも同じ確率なのです。

シミは基本的にできづらい

脱毛後、シミができるかどうかはアフターケア次第です。
医療脱毛もエステ脱毛も、熱を毛根部に与えて脱毛する方法になります。

 

医療脱毛では出力の高いレーザーが使われますが、
これはメラニン色素に反応するレーザーですから、
メラニン色素が色素沈着してできたシミにも有効です。

 

そのため、体験談でもレーザー脱毛によって徐々に
シミが薄くなってきた、という人が大勢います。

 

医療脱毛の場合、万が一のことがあってもすぐに医師が診察し
、適切な処置を施してくれますので、安心感が強いと言うこともあげられます。

 

一方のエステ脱毛は、出力は医療脱毛よりも低いものの、
黒や茶色に反応しますので、メラニン色素にももちろん反応します。
つまり、シミにも反応する光を使っているということです。

 

シミに反応した光はシミを徐々に薄くしてくれますので、
体験談を見ても、受けていくうちにシミが薄くなっていった、と言う人がいます。

 

エステ脱毛は医療脱毛に比べて痛みが軽減されますので、
気軽に受けられるという意見も多いのです。

 

シミができるかどうかはアフターケア次第

脱毛処理を受けてなぜシミができてしまうのか、
それはアフターケアがしっかりしていないからです。

 

医療脱毛もエステ脱毛も、脱毛処理後はアフターケアが成されます。
肌を冷却して鎮静化し、やけどした肌の内部を抑えてくれます。

 

しかしここで注意されるのが、日焼けしてはいけない、
紫外線対策をしっかりすることです。

 

どんなに医療機関や脱毛エステでアフターケアをしっかりしてもらっても、
脱毛後の肌は敏感で、紫外線などの外部刺激に弱い状態となっています。

 

ですからUVケア化粧品や日焼け止めを使って、しっかりガードしてあげなければ、
紫外線を浴びた肌はメラニン色素を普段以上に作り、シミを作りやすくしてしまうのです。

 

さらに肌のターンオーバーが乱れていれば、
古い角質や肌はそのまま残ってしまいますから、
よりシミができやすい状態になってしまいます。

 

医療脱毛も脱毛エステも、アフターケアを怠ればシミができやすいのは同じです。
どちらがよりシミができやすいのか、ということは比べようがありません。

 

どちらで脱毛を受けるかは、結局、それぞれのメリットデメリットを
比較して判断することが賢明なのです。

 

アフターケアやカウンセリングなどが充実しているところを探し、
キャンペーンなどを利用してみるといいでしょう。