顔 脱毛 シミ

顔の脱毛の後はシミになることが多い?

顔の脱毛の後はシミになることが多い?

アフターケアをしっかり行いましょう
顔の脱毛を受けてシミができてしまうのは、脱毛後にすべきケアをしないためです。
顔脱毛を受けると、肌の内部は熱によって弱まっており、抵抗力や免疫力も下がり、紫外線や外部刺激に弱い状態となっています。
そんな状態のところに刺激があると、簡単にトラブルが起こりますし、シミもできてしまいます。肌トラブルを起こさないためには、保湿化粧水や美容液による保湿と、UVカット化粧品による紫外線対策が必要不可欠です。

日焼けに要注意

顔の脱毛後に注意したいのは日焼けです。
特にレーザー脱毛など、出力の高い機器を使っての脱毛後、
顔は日焼けをするとシミになる可能性が高いです。

 

これは脱毛サロンで受ける光脱毛も同じことです。
というのも、脱毛すると肌の内部はヤケドした状態になっているからです。

 

そのため脱毛した後の肌は敏感になっており、
外部刺激に非常に弱くなっています。
ですから、脱毛してから1週間くらいはシミになりやすく、
色素沈着も起こりやすくなっています。

 

あまりあれこれ気にしてもストレスになるだけですが、
肌トラブルを回避するためには、長時間屋外に出ない、
屋外に出るときには日焼け止めを塗って紫外線対策をすることが大切です。

 

万が一日焼けをしてしまったときには、保湿ローション、
クリームでしっかり肌を保護し、タオル、ハンカチを冷やして肌に密着させましょう。

 

脱毛後、脱毛サロンではアフターケアをしてくれますが、
これだけで十分と言うことはありませんので、脱毛前に行われるカウンセリングや、
脱毛後のアフターケアでスタッフからスキンケアについての説明を受けましょう。

 

保湿ローションやクリームは保湿性の高いものを選ぶようにしてください。
脱毛前に日焼けをしてはいけないように、脱毛後も日焼けはしてはいけないのです。

 

逆の効果を得ることも

顔の脱毛後日焼けはNGですが、
脱毛処理をすることで元々あったシミを薄くすることができます。

 

そもそもシミの治療法としてレーザー治療は知られており、
エステサロンや皮膚科で受ける脱毛処理でも、
美肌効果のあるジェルを塗ったりすることはよく知られています。

 

脱毛エステの場合は保湿性に優れ、
美白効果のある美肌ジェルで肌の沈静化を図ることがあります。

 

美肌成分によって肌が潤い、
肌のターンオーバーが正常化することによって、シミが薄くなることがあるのです。

 

皮膚科では元々シミ治療としてレーザーが使われていますから、
脱毛に使われるレーザーによってシミが改善されてもおかしくはありません。
そのため、口コミでも顔脱毛をしたらシミが薄くなった、と言う声も見られるのです。

 

実際に皮膚科で行われるシミ治療では、
メラニン色素を壊すためのレーザーを使いますが、
脱毛に使われるのも毛根部の黒に反応するレーザーです。

 

そして脱毛サロンで使われる脱毛機器はこのレーザーの出力を弱めたものになります。
データでは、皮膚科であれば薄いシミは1回くらいで効果が出ますし、
脱毛エステでも、顔脱毛の完了に必要な6回を受けるまでにはシミが薄くなっています。

 

濃いものはもう少し時間がかかりますが、シミは顔脱毛でも薄くなるのです。
アフターケアさえ怠ることがなければ、顔脱毛はシミにも有効であると覚えておきましょう。