顔 シミ 脱毛

顔にシミがあるときは脱毛しないほうが良い?

顔にシミがあるときは脱毛しないほうが良い?

注意さえすれば大丈夫です
脱毛に使われる光脱毛やレーザー脱毛は黒や茶色に反応します。そのためたとえばホクロに当てると熱を発し、ホクロが盛り上がることがあります。
シミも同様で、濃いシミの場合、痛みを伴うことがあります。
しかしレーザーは元々シミ治療に使われていたものですから、レーザーよりも出力の弱い光脱毛も、シミには効果的です。
あまりにも濃いシミの場合、医療機関や脱毛エステから注意を受けることがありますし、その部分だけ脱毛できないと判断されることがありますが、基本的にシミがあっても脱毛は可能。

逆にシミを薄くする効果をもたらします

顔のシミに悩む人は多く、肌老化の一つとしてその対策に追われる人もいます。
しかし、顔脱毛をしたいという人はたくさんいますし、
その中にはシミがある人もいます。

 

脱毛の光は黒や茶色に反応するから、シミを余計に増やすだけ、
そのように考えてしまい、躊躇して顔脱毛に踏み切れない人もいます。
ところが事実はまったく違うところにあります。

 

顔にできてしまったシミの治療法は、服薬、薬塗布、そしてレーザーです。
このレーザーはメラニンを破壊するもので、
実は光脱毛に使われているものと変わりありません。

 

皮膚そのものを傷つけてシミを消すものではありませんから、
肌を傷つけずに肌の内部にあるメラニンを壊していきます。

 

脱毛エステの場合は皮膚科で使われるレーザーよりも出力が弱いため、
痛みを感じることもほとんどありません。

 

光脱毛は確実にメラニンのみを捉えていきますので、
美白化粧品やサプリメントと違って、確実性が増すのです。

 

シミはメラニンが色素沈着したものですから、光脱毛の光によって、
薄くなる可能性が高く、薄いシミなら1回で効果が出ることもあります。

 

ただし、光脱毛は医療機関のレーザーよりも出力が低いので、
何度か受けなければ効果は出ません。

 

しかし顔脱毛は最低でも6回受けなければ脱毛効果を発揮しませんので、
受けていくうちにシミも薄くなっていることに気づくでしょう。

 

注意したいのはアフターケア

顔脱毛で注意したいのはアフターケアです。
顔のシミが光脱毛によって薄くなっていくのはいいことですが、
アフターケアをしっかりしなければ逆にシミが進行してしまいます。

 

脱毛エステでは脱毛後にアフタージェルによって保湿し、
中には美白化粧品によって肌の調子を整えてくれる場合もあります。

 

その内容は脱毛エステによって異なりますが、いずれも刺激を受けた肌を鎮静化し、
肌に必要な水分を補給してくれます。

 

ところがこれで十分なアフターケアができているかと言うとそうではなく、
肌の中は光によってヤケドしている状態ですから、家でも紫外線対策を怠ってはいけません。

 

紫外線対策をしなければ、あっという間にヤケドが広まり、シミになってしまいます。
それだけ脱毛後の肌は敏感になっていると言うことです。

 

顔脱毛ではシミの有無に関わらず脱毛を受けることはできますが、
アフターケアをしっかりしなければ、肌の状態は逆にどんどん悪くなっていきます。
サロンのスタッフから注意事項を受け、自宅でもしっかりケアできるように整えましょう。