顔脱毛 シミが出来やすい

顔脱毛する場合にシミができやすい場所とは?

顔脱毛する場合にシミができやすい場所とは?

鼻の周りです
シミができやすい部位、と考えていただければ分かるのですが、顔でシミができやすいのは鼻の周りです。シミにはいろいろと種類があり、それぞれ原因も違います。場合によっては顔脱毛を断られてしまうこともあります。顔脱毛によってシミができてしまうのは、紫外線が最も当たりやすい部位となりますので、覚えておくといいでしょう。顔は元々外気を1年中受ける場所ですから、紫外線対策はしっかりとしなければ、どのみち、シミはできてしまうのです。

顔脱毛が断られるケースもあります

たとえば肝斑です。
肝斑は淡い褐色色をしており、左右対称にできます。

 

女性ホルモンが大きく影響するシミなのですが、
紫外線を最も受けやすい鼻の周りや頬にできます。
30〜40代女性に奥見られ、頬以外にも、額や上唇にもできます。

 

肝斑のように濃いシミは、脱毛によって痛みを与えるだけではなく、
脱毛後弱った肌に紫外線が当たることで、よりシミをひどくしてしまうことがあるのです。
ですから濃いシミがある人は脱毛を受けることができないのです。

 

アフターケア次第でシミは防ぐことができます

脱毛を受けると肌は刺激に弱い状態となっています。
そもそもシミができるのは、紫外線を浴びた肌が、
肌を守るためにメラニン色素を生成し、そのメラニン色素が色素沈着してしまうためです。

 

肌のターンオーバーがうまくいっていればシミもできづらいのですが、
年齢とともに肌のターンオーバーは乱れますし、ストレスや生活習慣、
喫煙などでも簡単にシミはできやすくなってしまいます。

 

脱毛処理を受けた後は、特にシミのできやすい頬や額、
唇周りを重点的に保湿し、紫外線対策をすることです。

 

刺激に位弱い肌は、紫外線を浴びると簡単にメラニン色素を作ってしまいます。
肌は乾燥した状態ですから、保湿化粧水や美容液で十分すぎるほどの水分を与え、
肌にバリア機能をよみがえらせましょう。

 

そしてUVカット化粧品や日焼け止めを使い、紫外線から肌を守りましょう。
紫外線を受けやすい部位をしみから守るためには、
脱毛エステで注意事項をしっかりと受け、指示通りに動くことです。

 

アフターケアの方法をしっかり聞き、次回の脱毛予約日まで日焼けしないようにしましょう。
脱毛後の肌に紫外線の刺激と、日焼けは禁物なのです。
また乾燥した肌はバリア機能を失っていますから、保湿も十分に行うようにしましょう。